柳修文が洛景の言葉に私は知らないと言って洛景がまだシラを切るとさらに聞くのです。洛景が柳修文に放火魔が落とした匂い袋を拾ったあと温香楼で追いかけたらあなたがいたのです。
私があの日お父様の密会を目撃したからなのです。その秘密を守るためお父様は何度も刺客を送り込んだのです。あなたはお父様の配下なのです。だから私を殺す任務を実行してるのはあなたと聞くのです。黙ってると聞いて釈明したらと洛景が柳修文に言うのです。柳修文が洛景に悲しそうに何も言うことはないのです。洛景は柳修文があっさり認めるとは思わなかったのです。私が探し求める愛する人かと思ってたのに私を裏切るなんて怒るのです。柳修文が洛景に壁ドンするのです。腕を握って柳修文が洛景に殺す気だったら助けますかと聞くのです。旦那様の追っ手も逃がしたのは柳修文は洛景のためなのです。
洛景が分からないと言って柳修文が確かにあの火事は私が火を放ったのです。恩のある旦那様の命令には逆らえないのです。でもわざと人をおびき寄せたのです。あなたが火の海にのまれぬように失踪中もずっと自分を責めていたのです。柳修文が洛景を心配そうに見つめるのです。守ることもできず逃がそうと決意したことをあなたを守りたかったのです。洛景は柳修文を見てなぜこんなにドギマギする気持ちが分からないのです。
洛景は自分は情けないと言って簡単に信じてどうするとどうしようもない気持ちになるけど帰り際に柳修文の言葉を信じるというのです。真実をどう証明すると洛景が柳修文に聞いたら柳修文が振り返って一言でも偽れば雷に打たれる覚悟なのです。洛景は柳修文に誓わなくていいのです。だけど今逃げなかったらお父様は私を殺そうとするのです。柳修文が洛景に「いいえ」と言って無事に淵政王様に嫁げば旦那様も危害を加えないのです。
【関連記事】
フラミンゴレギンスの口コミでくびれはどうだった?