身体の老化は、なかなか逆らうことができません。
早い人で、30を過ぎることから、無理ができなくなったなぁと感じるのではないでしょうか?
女性ですと、肌に関心が強いため、肌の状態、シミ、目じりのしわで、衰えを感じる人が多いでしょう。
運動習慣がない場合、40も半ばを過ぎると、足腰が弱ってきます。
若いころから、運動習慣を持つことは非常に重要です。
高校までは、比較的、運動をする時間がありますが、
大学、社会人になると運動が嫌いな人は、
全く体を動かす機会がなくなってしまいます。
普段から、階段をつかったり、余分に歩く習慣がないと、
あっと今に衰えるでしょう。
最近では、スポーツジムやテニスでも、
どちらかというと、年配の老人が楽しんでいる姿を見かけます。
登山もそうですね
年をとってから、いきなりスポーツを始めてもケガをする確率が高いです。
若いころから、スポーツに親しむ習慣を付けることが足腰が衰えない秘訣です。