銀行では破損した紙幣を交換してもらうことが出来るというのはよく知られていますが、では切手が破れてしまったら?郵便局では、破れてしまった切手を交換するということはしていません。それならば、破れてしまった切手は使うことが出来ないかというと、破れ方が極端なケースは使えませんが、ほんの少しの破損ぐらいで、額面の表示がちゃんと確認出来る切手ならそのまま使っても大丈夫でしょう。
ただ、その切手を買い取ってもらうということは出来ないかもしれません。
使用する予定のない珍しい切手を「売りたい」という人も多くいると思います。
その時は買取専門業者へ送付し査定を依頼する方法も使えます。使わないで保管しておくより、買取を依頼しましょう。
予想外に高値の物があるかもしれません。一度トライしてみてください。
実は、切手の中でも、「中国切手の買取需要が高くなっている」ということをご存知でしょうか?その理由は、切手が中国国内で注目を集めているから、ということが考えられます。とはいえ、高い買い取り価格となるかもしれないものは、一部だけで、文化大革命の頃の切手などに限られますそれに、切手買取業者のうちでも外国切手の買い取りは行っていないというケースもあるのであらかじめ調べておきましょう。郵便局で、書き損じた葉書を交換してくれます。
その際、葉書でなく切手に交換するのがミソです。
ここで一手間かけて、切手買取専門業者に持ち込むため手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう交換しましょう。
そうして引き換えた切手も、業?によって買取価格が異なることに注意してください。手間を惜しまず、専門業者を何軒か訪ね一番感触がよかった業者に買い取ってもらうことを心がけましょう。ほぼすべての切手を買い取る業者ではプレミア切手と呼称される切手の買取も受け付けています。
それでは、プレミア珍しい切手とは何かというと、珍しい切手の中でも、明治・大正・昭和戦前戦後の頃のものをそう呼び、「見返り美人」と「月に雁」が名高いです。
とても珍しいものなので、もしもシートではなくてバラの状態であったとしても高く買い取られる可能性もないとは言えません。
いらない切手を売りたいときは切手専門業者に買い取ってもらうのが高く売れる可能性が大です。
何といっても珍しい切手に対する商品知識は豊富ですし、希少バリューがあれば高額に買い取ってくれます。珍しい切手の買取は金券ショップや、他の買い取り業?でもできますが珍しい切手に対する理解があるかと言えばそうではなく、額面と保管状態をチェックするだけでプライスを決定するしかないので結局損をするケースが多いのではないでしょうか。切手は紙製なので実は扱いが難しいものです。
ことさら、温度や湿度に弱いので、高値での買取を実現するためにも、気をつけて保管しなければなりません。
ストックリーフとかストックブックをうまく使って日が当たらないところに保管しておきましょう。ジメジメした部屋も避けましょう。
珍しい切手を買取してもらいたいという場合には店頭買取と、パソコン上で可能な方法が存在します。店に直接出向く場合、移動の手間や待ち時間がかかりますがいい点もあり、それはその日のうちに買い取ってもらえるということです。
けれども、買い取り額には、業者間で差がありますので高値で買い取ってもらいたければ、インターネットを利用することをお勧めします。
切手は一度使ってしまったら、もう買い取ってはもらえないだろうと諦めている人もいるかもしれないですが実際にはそれは間違いかもしれません。特に年代の古いもので綺麗なまま保管されていて集めている人にとっては魅力的なものだった場合、たとえ使用済み切手であったとしても買取に応じてもらえる場合があります。もしも家の中に心当たりのある切手があるのであれば、まずは切手買い取り業者に連絡をしてみることをお勧めします。
切手というものは、バラであったとしても買取は可能だそうです。
よく知らなかったのですが、切手買取時の台紙に貼りつけ方について調べてみたところ整然と並べる必要があり、そうしなければ認められないらしくちょっと躊躇してしまいます。
そうは言っても、貼り付けてあった方が高く買い取られるのなら、手間をかけてみてもいいかもしれません。