リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。
検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。
返済期間や借入希望額、割合などを入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。
個人情報を登録することはないのでここで借りなければいけないのかなといった心配をする必要はありません。
返済額の計算は複雑なため、素人では試算が大変ですので、リフォームローンに興味がある方は積極的にご利用ください。
残念なことにリフォームローンに落ちた人はその理由や原因をしっかりと分析する必要があります。
まず、考えられる要因は希望金額が収入に対して高すぎた可能性があります。
勤続年数が短かったり非正規雇用だったりといった問題があったのかもしれません。
例えばマイカーローンの返済中であるなどカードローンの利用状況も大きな要因となります。
まずは残債をなくすことがリフォームローンの審査に受かる近道と言えるでしょう。
楽天のリフォームローンの特徴の1つとしてフラット35(リフォーム一体型)というリフォームローンがあります。
住宅の購入資金+リフォームの工事資金を合わせ一つのローンでまとめて融資を受けられる商品です。
2016年10月からは新しいリフォームローン【フラット35】リノベという商品が発売されました。
フラット35(リフォーム一体型)と相違する点は当初5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることです。
ただし注意があります。
工事前に適合している基準は対象とならないことや【フラット35】Sとの併用はできません。
口コミなどの評価が高いおすすめのリフォームローンを探すには 多くのユーザーが集まっているランキングサイトを利用すると良いでしょう。
ですが、住宅事情は人それぞれで違いますので一概にネット情報を鵜のみにしてしまうのはいけません。
まず先に、今の住宅で不満なところを洗い出し、リフォームに必要な費用を算出し条件に合致するリフォームローンを見つけましょう。
リフォームの費用が高額なる場合有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、低額で収まりそうであれば小回りが利く無担保型ローンが良いでしょう。
また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンを選択することで、金利を抑えることができます。
リフォームローンを利用するに当たりいくら借りられるかというのは、リフォーム工事をする上で最重要項目といえます。
ですが、住宅ローンと比べると借入限度額はわずか1/10です。
リフォームローンで融資してもらえる最大金額は500万円から1000万円になります。
ですがリフォームローンの金利というものは、2から5%という高い金利に対し返済期間は10年から15年と短いので、借入金額が多いとその分、返済額も膨れ上がってしまうのです。
支払に破綻のない返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。
リフォームローンの頭金はいくらくらいなのか、それは施工する業者によって様々です。
施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事完了後に一括払いという業者もいます。
リフォームの金額も工事業者によって大分違いますので少なくとも2
3の施工業者から見積もりを取ることをおすすめします。
通常、頭金に必要な費用は工事費用の1から2割程度が一般的ですが、最初に必要な資材費を請求してくる業者もいます。
後で追加資材の費用など不明な費用を請求されないためには事前に契約内容をしっかり確認して、資材の総額などきちんと契約書に記載させることです。
リフォームローンの金利に関してですが金融機関によってそれぞれ異なります。
低い金利になると1%台からありますが、高金利になると15%に近い金融機関もあります。
金利体系というものが2種類あり変動と固定の2種の金利体系があります。
変動金利には金利が低いメリットがあるのですが、景気の動向に左右されるため金利が高くなるリスクがあります。
一方、固定金利というものは完済まで金利は変わらない安心感がありますが、金利が高いというデメリットに加え、相場が下がっても高い金利で返済し続けなければいけないといったリスクもあります。
オリコのリフォームローンをご存知ですか?オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。
銀行へ行かなくともパソコンから申請ができ最短2日という速さで審査結果が送られてきます。
オリコのリフォームローンは完済完了まで固定金利が適用されることになりますが、保証人や担保、保証料などを用意しなくて良いという最大のメリットがあります。
改修工事やリフォームだけでなく太陽光発電の設置工事などにも利用することが可能です。
リフォームローンを申込時の注意点として、仮受付の申し込みにはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。