スーツは、基本的に安いものではないですね。
だからこそ、出来るだけ大事にしなければいけません。
大事にするという事は、すなわちお手入れを欠かさないという事です。
社会人ならスーツのお手入れ法についてもきちんと覚えておく必要があります。
では、スーツにはどのようなお手入れをすると良いのでしょう。
少し説明させていただきたいと思います。
まず、一番基本的な事、でも一番大切な事です。
それは、スーツを脱いだら必ずハンガーにかけるという事です。
お手入れと言っても良いのか疑問なほど当たり前のことですね。
仕事で疲れて帰ってきてスーツを放り投げてしまいたい、その気持ちもよく分かるんです。
でも、これをすればすぐにヨレヨレになってしまいます。
絶対にやめましょう。
ハンガーはスーツのサイズに合ったものを選んでくださいね。
例えばクリーニング屋さんの針金のハンガーってありますよね。
あれは絶対に避けた方が良いです。
きちんと自分の肩幅にあったものを選ぶようにしましょう。
それからスーツは毎日同じものを着用しないでください。
まず、生地が傷んでしまいますし臭いも気になりますよね。
スーツは1週間に1回の着用が1番理想的です。
ただ、あくまで理想なんですね。
スーツの値段は安くないのにそう何着も買えない!という方の方が多いでしょう。
それでも最低でも3着はほしいですね。
昔の人は、はじめてのボーナスはみなさんスーツに使ったらしいですよ。
それだけ社会人にとってスーツは大切なものなんです。
それに、着まわした方がスーツも長持ちしてくれるのです。。
最後に、クリーニングに出すことを忘れないでくださいね。
スーツを家で洗濯する人なんてなかなかいませんよね。
ただし、クリーニング代も馬鹿にはならないと思いますからそんなにちょくちょくクリーニングに出さなくても大丈夫です。
クリーニングに出す時期については自分で決めるのが1番だと思います。
1ヶ月で出す人もいるのですが半年間出さないよ、という方もいるんです。
職種や時期によっても変わりますよね。