嫌いなわけじゃないんですけど、この歳になるとちょっと憂鬱な雨。
洗濯物が乾かないなとか、
帰りが濡れて大変だなとか、暗くなって気分下がるなとか。
そんな風に考えてしまうことが多くなったのですが、
この前いいことを教えてもらいました。
近所に住む小学生の男の子は、
雨が好きだそうです。
なぜ?と聞くと、音が良いそうです。
「雨はポツポツも、ザーザーも、ぴしゃぴしゃも、じゃばじゃばもするんだよ」
と彼は言いました。
そうかあ。うん。確かに。
雨はいろんな音がするね。
それから私は雨の音を聞いてみることにしました。
なんだか楽しくて、家にいるだけでその子のことを考えてクスクスしちゃいました。
それから彼に、私からも教えてあげました。
「たくさん雨や雪が降った次の日は、お空が洗われて綺麗だし、雨や雪がやむと世界がすごく静かになるんだよ」
彼のおかげで、雨の日が楽しくなります。ありがとう。