ベッドに身体を横たえても眠りに入れない。夜中途中で目を覚ます。朝早く目覚めてそのあと眠れない。だれでも何度かは経験します。では一晩か二晩眠れない夜があると「不眠症」なのでしょうか?答えはノーです。
不眠症の治療には、お薬を使う「薬物療法」と、お薬を使わない「非薬物療法」があり、症状や状況に応じて最も適切な治療法を医師が選択します。不眠症の診断をされたあとの治療の流れについて解説しています。
自分でできる不眠症の治療法「認知行動療法」や、不眠解消に効果的な「睡眠日誌」について解説します。睡眠の質を高めるコツなど、自分で改善するための方法をご紹介。ポイントは①寝床にしがみつかない、②睡眠効率アップ、③リラックス。
新大阪駅より徒歩3分の病院では、睡眠時無呼吸症候群の治療、アトピー性皮膚炎のソフトレーザー療法、海外渡航予防接種、PET検査、MRI検査、人間ドック等を行っています。地域医療連携室もご利用ください。 受診と検査(費用)に関するQ&Aのご紹介します。
企業におけるうつ病対策(再発防止・復帰時の体制づくり)や、不安要素のひとつである治療費の自己負担軽減制度、「精神障害者保健福祉手帳」制度について紹介します。さまざまな団体がうつ病の患者さんやその家族の支えとなる活動を展開していますので相談してみるとよいでしょう。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査にも治療にも、健康保険が適用されます。 検査と治療にかかる費用についてご紹介します。不眠症の治療には、お薬を使う「薬物療法」と、お薬を使わない「非薬物療法」があり、症状や状況に応じて最も適切な治療法を医師が選択します。不眠症の診断をされたあとの治療の流れについて解説しています。
【PR】
国立循環器病研究センターの循環器病情報サービスサイトでは心臓病や脳卒中などの循環器病の症状や原因、予防や治験についての情報を提供しています。不眠症 改善